両親が居る家に帰りたいと思う時

日本の気候風土にあった家として、木造建築の家がよいということと、家の断熱についてまとめました。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

日本の風土にあった家とは

両親が居る家に帰りたいと思う時
最近の日本で建てられる家は昔ながらの和風の家の他にも様々な種類のものがあります。例えば、シンプルモダンな家、都市型住宅、洋風の家、そして、洋風と和風の融合が果たしたコンテンポラリーと呼ばれる住宅形式などがあります。しかし、日本の風土を考えたときに、もっとも、この気候風土に合った、形式の家はやはり、木造建築であるということが言えます。

日本の気候風土に合っているということ以外の木造建築の家の利点を上げると、まず、第一に、木のぬくもりが人間の心に安らぎを与えてくれるということがいえます。家というのは、安らぎの場所であることが第一に求められているといっても過言ではありません。木造の家は丈夫で長持ちであるとも言われています。更に、筋交いや金物で補強されているので、耐震性能がはっきりと分かります。そして、増改築も容易であるともいえます。

断熱の重要性についても述べたいと思います。日本は、冬の寒さと夏の暑さがはっきりと区別できる気候なので、断熱のことを念頭に入れて家作りをするのは重要なことです。住みやすい家にするためには正しい家の構造と断熱の両方が必要不可欠といえます。最高の断熱とは断熱、防音、防カビ、防虫、調湿、耐火、防露、防音が出来るものと考えられています。

Copyright (C)2017両親が居る家に帰りたいと思う時.All rights reserved.