両親が居る家に帰りたいと思う時

家を持つべきだったか賃貸の方が良かったは家族との長い生活や人生を振り返ってみて初めて判断できるように思います。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

家族との生活や人生を振り返って初めて判断できる家の所有か賃貸

両親が居る家に帰りたいと思う時
人間の日常生活は衣食住が足りて初めて仕事や学校あるいは趣味やスポーツ等の諸活動に熱を入れられる状態になります。その中でも住まいを決めて定住することが衣食住の中でも最初に行うことでしょう。終戦後の貧乏生活では家を建てる資金もなく、掘立小屋に家族が寝起きしていたので半ば放浪生活のようになってしまい、落ち着いて日常生活を送れなかったことが明らかです。この点で、高度経済成長を体験し、各人が戸建、マンションあるいはアパートを所有したり、賃貸する住まい方はまちまちで、生活に一長一短があるにしても、国民の殆どが家に住んでいられることはあり難いことだと思うのです。

どこの家庭でも衣食住全般にわたって日々、希望や欲望が永遠に続くことでしょうが、家族で同じ家に暮らしながら、都度発生することに良いと思える方を選んでいるわけです。その結果として、楽しいこと、悲しいことなど、日々、喜怒哀楽を味わいながら成長し、歳をとっていくことが人生そのものだと考えれば良いのではないでしょうか。家を所有して入ればリフォームや補修することも必要になるし、いずれ、建て替えなければならないことになり、経済的負担がかかります。一方で、賃貸住まいであればそれ程の費用もかけずに引越して住み替えることもできるでしょう。こうして、家族との長い生活や人生を振り返ってみて初めて、家を所有した方が良かったか、賃貸の方が良かったか、おぼろげながら判断できるように思えるのです。

Copyright (C)2017両親が居る家に帰りたいと思う時.All rights reserved.