両親が居る家に帰りたいと思う時

都内に住む私たち家族は、毎年主人の実家に帰郷。山形県の旧家である実家は昔ながらの大きな庭付きの家です。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

お正月の実家への帰郷

両親が居る家に帰りたいと思う時
毎年お正月休みを利用して、主人の実家のある山形県へ帰郷しています。我が家は都内でマンション暮らし。子供達は祖父母の住んでいる大きな旧家と大きな庭で遊ぶのをとっても楽しみにしています。全室和室の主人の実家は、昔ながらの作りで、各部屋の前には長い廊下でつながっています。子供達には障子も珍しいらしく、数年前に障子に沢山穴をあけてしまうといったトラブルもありました。また長い廊下を走り回り、少しもじっとしていません。普段マンション住まいで騒げないので、多少はお目にみています。

お正月には主人の兄弟も帰郷。いとこと会えるのも子供達の楽しみの1つです。お天気の良い日は、庭に出てゆき遊びが出来るのも、山形ならではのお正月です。普段主人の両親だけが住んでいる大きな家も、この時ばかりは小さく見えます。畳の部屋は、ベッドと違い、布団をしいて寝ますので、大人数が一部屋に宿泊出来るのもとても便利だと思います。マンションとは違う一軒家暮らし、子供がのびのびと遊べるスペースは本当に憧れますが、都内での便利な生活と田舎の生活。都会で育った私には、田舎で暮らして行けるか、少々不安があります。長男である主人、いずれは田舎で同居も考えている様です。

Copyright (C)2017両親が居る家に帰りたいと思う時.All rights reserved.